朝にフルーツ!

フルーツはビタミンやミネラル、食物繊維や今話題の酵素も多く含み、昔からダイエットや健康の為に食べられていますよね。
食事に取り入れたり、運動中の水分補給の代わりにしたりと用途は様々ですが、食べる時間やタイミングを調節することでさらに効率的に酵素や栄養素を吸収することが出来るのです。

食べると効果的な時間、それは朝です!朝にフルーツを摂ることによって酵素の吸収率は取っても高くなるんです!このとき、朝に食べるのはフルーツのみ、もしくはフルーツを食べてからパンやご飯などを食べてください。
私たちの体は、4時から正午までの時間は排出を行う時間帯です。その排出の時間にご飯やパンなどの炭水化物等を摂ってしまうと、排出に回すエネルギーや酵素がすべて炭水化物やたんぱく質の消化にあてられてしまい、排出に回すエネルギーや酵素がなくなってしまい、便秘や下痢の原因になってしまうこともあるのです。もちろん、1日分の体のエネルギーを作ることに朝ごはんはとても重要ですが、順番を間違えてはいけないという事です。

フルーツは、熟する過程ですでに少し消化されている状態になるのです。つまり、体の中に入ってもすぐに栄養を吸収することが出来るのです。普通食べ物は消化に何時間もかかるのですが、フルーツはなんと20~30分で腸に届くのです。
しかもフルーツには酵素が豊富。この酵素がその後に来た食べ物の消化を手伝ってくれるので、体の中にある排出に回るエネルギーや酵素を損なわずに済むというわけです。

更に、ヨーグルトとフルーツを混ぜて朝食にするとかなりお得です。フルーツで酵素を補うことが出来ますし、ヨーグルトは腸に良い食べ物代表です!これを一緒に摂ることで効果は大変期待できますよー!

朝食にフルーツ、ダイエット目的だけでなく、日常に取り入れてみてはどうでしょうか?