ギャラクシー充電制限へ

サムスンのスマートフォン、「Galaxy Note7」が使用時に爆発するという報告をうけ、サムスンは回収をすすめると共にユーザーに使用をやめるようによびかけている。
しかし、まだ使い続けているユーザーも多いため、ソフトウェアを更新しバッテリー充電に制限をかけ60%をマックスにすることを決定した。韓国の現地時間9月20日午前10時に開始されるという。
制限をかけることによって3500mAhのバッテリー容量が2100mAhに減少する。また、韓国では端末交換時に、データ使用料金の一部を支払う方向だという。
爆発の事実は、ユーザーのSNS投稿によって発覚した。事前のテストがなかったのか気になるところだ。