ペットボトルを食べる細菌を発見

慶応義塾大学、京都工芸繊維大学などの共同研究グループは、ポリエチレンテレフタレート(PET)を分解する細菌を発見し、その分解メカニズムを解明したそうです。今後研究が進み、使用済みPET製品のリサイクル技術の開発に貢献することが期待されています。
PETは原油を原料に製造され、ペットボトルや衣服などの素材として世界中で活用されています。その一部はリサイクルされていますが、対象はペットボトルに使われたものだけで、実際にリサイクルされるのはPET生産量全体の4.1%にとどまっているそうです。多くは自然界に廃棄されてきたものの、PETは生物分解を受けないと考えられてきました。
研究グループはPETを栄養源とする微生物を見つけることができれば、その生物機能を利用することでリサイクルを進められると考えました。まず、自然界からさまざまな環境サンプルを採取し、PETフィルムを主な炭素源とする培地で培養したそうです。数週間後、PETくずを含む堆積物を投入した試験管において、PETフィルムに多種多様な微生物が集まり、分解している様子を発見。そして、この微生物群から強力なPET分解細菌を分離することに成功しました。グループはこの菌が大阪府堺市で採取した環境サンプルに由来することから「イデオネラ サカエンシス」と命名しました。PETを分解するばかりか、PETを栄養源として増殖することも突き止めたと言います。菌によって分解されたPETは最終的に炭酸ガスと水になるそうです。
研究グループでは「これまでPETは自然界で、分解されず蓄積するのみと考えられてきたが、今回の研究により、PETを物質循環に組み込む生物的なルートが存在することが明らかとなった」と話しているそうです。
ペットボトルが細菌によって分解できれば、多くのペットボトルゴミの処理に役立てられそうですね。